ファームテック株式会社
オンラインショッピング
商品紹介
酢糖シリーズ
 酢糖シリーズ
  <葉面散布剤>
    酢糖2号
    アミノ酢糖
    ルビスク
    酢糖Ca2号
    酢糖Mg
    酢糖M2号
    酢糖P
    酢糖B
  <土壌灌注剤>
    酢糖1号
    アミノ酢糖
    酢糖Ca1号
    酢糖M1号
お客様の声
  酢糖はこちら
その他
  大分大学との共同研究
  「現代農業」に掲載
  特許(酢糖・浄水器)
  JONA内容確認資材
  リンク
  よくある質問 Q&A
  会社概要
  特定商取引法の表記
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
  お問い合わせ

商品紹介


 玉ネギ 宮崎県都農町

 

玉ネギ

 宮崎県都農町でねぎ栽培をされている長野さんが、自家用に植えられた市販の玉ネギ葱(晩生)苗にルビスクを使用されました。

 時期は、2007年11月下旬に黒マルチで定植し、長ネギへの散布日に合わせて、ルビスク500倍を合計4回葉面散布されました。

  左の写真は、2008年5月26日に収穫した玉ネギです。直径が15cm以上、周囲50cm以上の玉ネギになってしまいました。ネギ栽培一筋で長年やってこられた長野さんご本人も、私どもも皆、このような肥大化は初めての経験で、驚いています。

 

 

 この巨大玉葱の収穫後の土壌を分析すると EC 0.41 mS/cm、pH 5.41、硝酸濃度 244 mg/土100g でした。下の表のトマトや果樹などの土壌の値と比較下さい。この玉ネギの土壌は栽培後の数値です。このことから有機質系の窒素主体の肥料で、十分な元肥量を施されています。 土壌中の高い硝酸値、低いpH値にも関わらず、相対的に低いEC値から、有機系の窒素が十分にある土壌であることが判ります。

 ネギは、生殖成長期ではなく栄養成長期に、何度も株元から切断されて出荷されます。栄養成長期出荷に合わせて、窒素多めの土壌にして、吸収された窒素はルビスクによりネギの体内で消化され、高品質ネギにされていると分析できます。

 十分な元肥だけでは成長が著しい作物にならない事があります。強制的に代謝を促し、吸肥力を高める事が有効です。 特にネギの場合、肥料が十分にあって、その肥料分を吸収しても、肥大できない状況があります。ルビスクを使用することで肥料を強制的に吸わせて代謝させる事ができます。

玉ネギ畑

 

 

硝酸mg/100g
pH
EC(mS/cm)
健全なハウストマトの土壌
67mg/100g
6.38
1.516mS/cm
化成追肥直後のトマトの土壌
205mg/100g
4.96
0.415mS/cm
健全な果樹(ユズ)の土壌
4mg/100g
6.51
0.642mS/cm
長野さん玉ネギの土壌
224mg/100g
5.41
0.410mS/cm

 

このページの先頭に戻る

アンダーバー